静岡県ヴォーカルアンサンブルコンテストグランプリ受賞団体によるアンサンブルの響演

2008年03月07日

合同演奏指揮者 岸信介氏紹介

コンサートの最終ステージ、合同演奏の指揮をお願いした岸信介先生を紹介します。

全日本合唱連盟副理事長であり、舫の会(岸先生の指導する26の合唱団の集合体)の音楽監督です。繊細なハーモニー作り・優しい音楽作りには定評があります。

浜松では、浜松合唱団・浜松フラウエンコール・浜松少年少女合唱団、そして今回ジョイントメンバー浜松ラヴィアンクールの4つの合唱団の指揮者をなさっています。

浜松にいらっしゃるようになって来年で20年になるそうです。今年○○才(ゾロ目(^^ゞですよぉぉぉ)には見えない若作り!!
噂によればラヴィアンのレッスンではメンバーがあんぐり口を空けて固まる事度々、踊って、歌ってパワフルな指導・指揮をなさるそうで…。(合同ステージ、ついてける?)

半世紀以上を合唱の中で過ごしていらっしゃり、合唱界の生き字引と言われる日も近い?ようです(@_@;)。

今回は岸先生お得意の武満徹でコンサートを締めてくださる予定です。
(文責 ポン )


posted by ふうちゃん at 07:44| Comment(1) | TrackBack(0) | ジョイントコンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。