静岡県ヴォーカルアンサンブルコンテストグランプリ受賞団体によるアンサンブルの響演

2008年03月15日

「きっかけ」は

 このジョイントコンサートをすることになった、「きっかけ」を書いてみます。
 日々、少人数の合唱団で活動していると音響の良い大きなホールでたっぷり歌ってみたいと思っています。浜松には、アクトシティ浜松中ホールというとても良いホールがありますが、1つの合唱団単独でコンサートを開くには、いろんな意味(費用や集客)で大きすぎます。合唱祭に参加すれば歌うことはできますが、5−10分以下の短い時間しか割り当てられません。

 そこで、周りを見渡せば、同じような合唱団があるじゃないですか。狭い合唱村のことですから、多くが顔見知り。みんなで集まれば、アクト中ホールで演奏会を開くことも可能だと思ったわけです。
 それに、個人的には我々レベルの少人数合唱団が力を十分に発揮できるのは各団に割り当てられる20−30分程度が良い時間だと思うし、同じような力の団の競演ならお互いにプラス作用が働いて、自分がお客さんでもお金を払って聴きに来ても良い演奏会になるんじゃないかと思いました。

 と、ここまでは、私の単なる思い付きだったのですが、これが現実になっていく過程は次の記事で。。。


posted by O石 at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ジョイントコンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。